社労士受験 勉強法の王道 「合格するテクニック」を伝授します!

社会保険労務士(社労士)の試験に受かるには、「合格のテクニック」があります。
これは絶対に知っておいてほしいことです。

そのことを知らないまま勉強を続けてしまい、
社労士の試験をことのほか難しい試験のように言う人たちがいます。
合格するコツを知らないで、自己流の勉強で貴重な時間をムダにしているから、
「社労士の勉強法はむずかしい」という切ない結論になってしまうのです。

しかしプロのアドバイスを守った勉強法で、たった1回の試験で合格している受験者も大勢いるのです。
そういう方には、概して素直な方が多いことも事実です。
当サイトの管理人も、受験者の時は社会保険労務士の勉強法について何も知らない、素朴な一人でした。
だから「合格のセオリー」というアドバイスを、素直に信じ、やり通して1回で合格しています。

「何年かかっても、自分のやり方で合格してみせる」という方は、
このサイトをご覧になる必要はありません。「自分のやりたい勉強は合格してからでいい。とにかく1回で合格したい」というみなさんに、
この先の、社会保険労務士の勉強法をお読みください。

一回の試験で合格できる、社会保険労務士の勉強法をお話ししますと、それは、

○満点を狙おうとしないこと
○試験に出やすいところを何回も繰り返すこと
○記憶に定着しやすい勉強法を、進んで取り入れること

という3つのことがポイントとなります。
そのためには、この3つが進めやすい教材も必要です。

以降のページで詳しく解説していきます。
ぜひ最後までお読みください!

>>次のページへ