社会保険労務士とは何か?

社会保険労務士とはどんな仕事をする人でしょう?
ズバリ一言で言ってしまうと、それは「人事・労務のプロフェッショナル」です。

では具体的に社会保険労務士、どのような役割を担うのでしょうか?
いちばんポピュラーなのは、労働・社会保険の手続き業務です。

労働・社会保険諸法令にもとづいて、申請書や届出書の作成をします。たとえば、企業が従業員を雇用する時に、雇用保険や健康保険の「資格取得届」を作って、お役所に提出するのが、社会保険の役割です。それに基づいて、疾病、労働災害、また退職時などに、保険の還付手続きをします。社会保険のことはそんなに詳しくない一般の人たちが、安心して仕事に勤しめるようサポートしているのが、社会保険労務士なんです。

また、「雇用する側」と「される側」、その双方の視点で社員が働きやすい職場環境を作ることも社会保険労務士の大切な役割です。たとえば適切な労働時間や労働安全・衛生のこと、それから全社員の働き方のルールを定めた就業規則など、その会社の現状をコンサルティングして、労使の意見を取り入れながら、新しい規則を作っていくのが社会保険労務士です。

労使間の関係はどんどん複雑化しています。喜ばしいことではないですが、社員やそのご家族の方が、会社に対して訴訟を起すなどのニュースも、最近ではめずらしくなくなっていますよね。そのようなトラブルを未然に回避するために、これからの日本の企業は、社内の制度を一層適正なものに改善し、社内に根づかせる活動を求められるでしょう。

このような仕事を専門的に扱う社会保険労務士のニーズが、今後さらに高まりを見せることは間違いないでしょう。なぜなら仕事はどんな職業も基本は、「お客様の課題を解決する」ことだからです。お客様のお望みを、モノやサービスを提供することで解決することが仕事です。

ここまで読まれてみてお気づきかもしれませんが、社会保険労務士がお届けするサービスとは、企業の社員の方が、安心・納得して働ける環境を、専門家としてお届けすることです。ちょっとシンドイお話しですが、労働問題が一層デリケートに問われる今日だから、一層必要とされています。

そんなやり甲斐ある社会保険労務士に、一歩ずつ近づいていきましょう。労使の課題を解決するエキスパートとして、あなたが社会に働きかけてください!

>>次のページへ