会社勤めも独立も可能!だから取得して損はない

晴れて社会保険労務士資格を取得した後、皆さんはご自身のキャリアについてどのようにお考えでしょうか?
「せっかく独立できる士業資格を取得したのだからもちろん開業!」という方がいらっしゃる一方で、「いやいや、自分はそこまで冒険出来ないから、社会保険労務士の求人を探してどこかに就職するよ」という慎重派も多いと思います。

社会保険労務士については、数ある士業資格の中でも特に、登録形態として「開業」と「勤務」の選択の余地がある点においてとてもユニークな資格であると言えます。男女の別を問わず、そしてあらゆる世代に注目される人気の国家資格たる所以は、このように「働き方を自由に選べる」という魅力があるからなのかもしれませんね。

 「独立して事務所を構えて開業」という一般的な士業の働き方であれば、おそらく具体的なイメージは描きやすいでしょう。しかしながら、「勤務登録」という形態にいまいちピンとこない、という方は多いのではないでしょうか?よって、ここではあえて勤務登録の社会保険労務士(以下、「勤務社労士」)に焦点をあて、その活躍を解説していきたいと思います。

勤務社労士は、社会保険労務士といえども、その働き方としては通常の会社員と何ら変わりはありません。他社員と同じように出勤し、いずれかの部署に所属し、任せられた仕事をこなします。通常、人事部や総務部に配置されることがほとんどで、同僚と共にその部署の一般的な仕事、具体的には人事部であれば採用業務、総務部であれば経理や物品管理などに携わることになるでしょう。

ただし、他社員との大きな違いは「労働保険や社会保険関係の手続き業務について、中心になって処理していくことが求められる」という点です。つまり、開業社労士が企業相手に執り行うような手続き全般を勤務社労士は自社の社員を顧客に担当する、といったイメージを思い描いていただくのが概ね正しいと言えましょう。

勤務登録の社会保険労務士として働くには、一般的な求人への応募の他、「今働いている会社に登録を認めてもらう」といった方法もあります。たとえ社会保険労務士資格を取得できたとしても、そこで勤務登録をさせてもらえるかどうかは会社次第です。あらかじめ「社会保険労務士有資格者募集」の求人を打ち出している会社であればスムーズですが、そうでなければ登録の可否について事前に確認をされておくのが良いと思います。

社会保険労務士として、開業を目指しますか?それとも勤務登録を希望しますか?
取得後、好きなように働き方を選べるこの資格は、取得しておいて必ず損はありません。

>>次のページへ